Locial Cinema『365日のシンプルライフ』




第9回 Locial Cinemaを5月12日(土)15時から、 

第10回 Locial Cinemaを5月30日(水)19時から開催します。  



【上映映画】

『365日のシンプルライフ』 ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女と別れたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。


 <ストーリー>

 フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“ 実験”生活。 監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた「とにかくやってみよう!」のアイディアが、映画という形になった。登場する家族や友人は全てホンモノ、ペトリを中心とするリアルな人間関係と日常生活に起こるドラマが、北欧ジャズシーンをリードするティモ・ラッシーのサックスに乗って、軽快に綴られていく。 フィンランド公開時には、多数の“実験”フォロワーが生まれ、若者の間で一大ムーブメントとなった。 この「フィンランドからやってきた『人生で大切なもの』を見つけ出す3 6 5 日のモノがたり」は、 断捨離やミニマリストのブームに乗って、日本でも大きな反響を呼んだ。

 2013年/80分/フィンランド/監督 /ペトリ・ルーッカイネン 




【日時】 

2018年5月12日(土) ・14:30 開場 ・15:05 開演 上映 ・16:40 感想シェアタイム(18時終了) 2018年5月30日(水) ・18:30 開場 ・19:05 開演 上映 ・20:40 感想シェアタイム(22時終了) 【会場】

creation space en∞juku

東京都板橋区3−4−9 参加費 1500円(軽食付)  

参加される方はフェイスブックの参加ボタンを押すか、

47plus1@gmail.comまで連絡をください。 


◎映画専用のプロジェクター・スクリーン、椅子、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。 ◎当上映会は社会的課題を知るきっかけづくりを目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。勧誘等は固くお断りいたします。 ◎上映後の来場は座席を制限させていただく場合がございます。 ◎車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。 


 【Locial Cinema】とは・・・ 

〔 ローカルでソーシャルシネマ〕〔 ローカルに愛を〕 との想いから名付けました。 ドキュメンタリー映画の定期上映をしています。 ○自宅でも職場でもない第3の居場所 ○ゆるく繋がる心地よい場所 ○地域で暮らす・営む人たちの交流の場 ○映画を通じて社会の事柄について発言できる場 そんな場所を目指しています