enzo

記事一覧(35)

社会創発塾デスカフェチーム主催 第3回『デスカフェ@ Itabashi』

死を語らい、命の意味と新たな生を知る 第3回テーマ「自分に何かあった時、余命は分かった方がいいですか?」社団法人社会創発塾のプロジェクトとして、昨年の夏から北海道の当麻町で続けている日本ではまだ馴染みのない、死について語り合うデスカフェ。東京でも中野に続き、板橋でも3回目を迎えることになりました。

前回に続き当麻町と同じテーマのデスカフェ。テーマが同じでも参加する人の死生観は様々ですので、話しがどんな方向に広がるのか。医療倫理?安楽死の是非?
正解も間違いもない会話の時間。言葉に出してみることで、自分の内観と誰かの気づきにつながったら幸いです。
皆さんの参加をお待ちしております。
 【デスカフェとは?】 10年程前からヨーロッパを中心に始まったカフェやレストランで、普段はなかなか話すことのない「死」について語り合おうという、カジュアルな話し合いの場のことです。 “死”は人間にとって唯一の平等なもの。平等だからこそ誰もが参加できる場です。初めて死生観を語り、聴いてみることで、これまでとは違う生きる意味、自分の中にある慈しみの心にきっと気づくと思います。●日時 / 10月30日(火)19:30~22:30《タイムライン》19:20 開場19:30〜21:30デスカフェタイム21:30〜22:30 懇親会終了解散●場所 / 「en∞juku(エンジュク)」 https://enjuku.localinfo.jp/pages/1312889/page_201709302322●参加人数 / 10名前後●参加費用 / 1,500円(飲み物・軽食)*懇親会用のつまみ、飲み物等持ち寄り大歓迎 ●参加方法 / このページの「参加ボタン」を押してください。■主催:一般社団法人 社会創発塾デスカフェエチーム(社会創発塾) 元文部科学副大臣であり、現文部科学大臣補佐官でもある鈴木寛東京大学・慶應大学教授が塾長を務める、加速度的に変化していく世界の社会課題の解決に向けて、従来のパラダイムにとらわれることなく、プロジェクトを推進できるソーシャルプロデューサーの創出やソーシャルムーブメント実践を目的に設立された一般社団法人。複数の部分が“融合”することで、単純な“総和”にとどまらない新しい高度な秩序やシステムが生まれることを目指す。

8/19 2030 SDGSカードゲーム体験会@いたばし

【実施概要】 ■名称:2030 SDGSカードゲーム体験会@いたばし■会場:creation space en∞juku■日程:8月19日(日)■時間:13:30 - 16:30■内容:SDGsカードゲーム体験会と振り返り 13:15 開場 13:30-15:00  SDGsゲームプレイ(約90分)
 15:00-16:00 振り返り(約60分)16:00-16:30 交流タイム ※冒頭のゲームのルール説明を聞けないとゲームにしっかりと参加する事が難しくなるため遅くとも13:40までにお越しいただくよう、お願い申し上げます。
 ■定員:10名■参加費:なし ■ファシリテーター:小針 丈幸(一般社団法人イマココラボ認定 2030SDGsファシリテーター)■主催:一般社団法人SDDソリューションズ  ・カードゲーム「2030SDGs」の紹介 https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/  【イベント概要 】 最近メディアでもよく目にする「SDGs」
政府や自治体、学校や企業での取り組みも活発になってきており、日本でも急速に「SDGs」の普及活動が始まっています。
SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。世界をより善くしていくための壮大なビジョンなのですが、壮大であるがゆえに捉えにくいかもしれません。

SDGsカードゲームは、なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか?
それがあることによってどんな変化や可能性があるのか?
そんな「SDGsの本質」がゲームを通して楽しみながら体験できます。よくわからないけれど気になる。SDGsを知りたいから、というみなさま、ぜひ一緒に体験しましょう!

WS開催7/8/多肉食物と水晶のレジンアクセサリー

■ワークショップ開催 「多肉食物と水晶のレジンアクセサリー」

ギャラリー期間最終日の7月8日(日)にを開催します。
 ■日時
7月8日
13:30ー(6名)
15:30ー(6名)製作はレジンのペンダント又はバッグチャーム
注;参考作品・当日のワークは個々に作るデコ作品となります・
レジンから枠は同じものではありません。 撮影小物の箱はつきません。 
ワークショップ代 材料費講習費込み 1000円(税込み) 【プロフィール】 ■hirokoto

東京デザイン専門学校工芸アクセサリー科卒Hand made教室メリーさんの羊主宰(1990~2018現在
アサヒカルチャーセンター新宿校講師(1994~2018現在
JGS認定ドライフラワーアーティスト
カラー心理&アートセラピスト
施設芸術活動講師
主力はインスパイアーアクセサリー制作
インスタ@hirokotokinoko
また、
カルチャーセンターでのドール講師&雑誌などのプロセス他
hirokotoの空想実験室として、布小物&布のアクセサリー制作
チャリティーバザー&イベント等、作品展。
時に経験を活かしシニア施設などで、皆さんと手仕事を共に楽しんでいます。 7月8日のえんじゅくギャラリーでは、『夏らしいモチーフを折り紙で折るワークショップ』(講師:藤崎さん)を参加費無料、13:00~/15:00~行います。

en∞juku gallery vol8

WS開催7/15 手作りカリンバワークショップin板橋

オルゴールのような優しい音色の楽器《カリンバ》を手作りするワークショップです(*^^*)【概要】・日時:2018年7月15日(日)①13:30〜/②16:00〜※各回10名限定! ・場所:Creation Space en∞juku(東京都板橋区板橋3-4-9)・参加費:¥3,000(カリンバ材料費込み)・難易度:小学生から1人で作れます♪・持ち物:特になし!すべてコチラで用意します。・アクセス
都営三田線「板橋区役所前駅」徒歩5分
東武東上線「大山駅」「下板橋駅」徒歩10分
JR埼京線 「板橋駅」徒歩15分■当日の流れ■ 集合↓♪デモ演奏♪↓
カリンバ組み立て ↓ 音程調律 ↓
飾り付け↓
弾いてみよう♪↓
解散 今回作るカリンバは、どこにでも持ち運びできる《手のひらサイズ》のカリンバです♪
形は「しかく」と「だえん」2種類からお選び頂けます。
小さいお子様や不器用さんでも大丈夫、簡単に作れるようにフォローいたします!!お出かけのお供や、夏休みの宿題にもぴったり!! 各回、限定10名様となっております!

ご参加は、下記メールかFB参加ボタンでお知らせください(^-^)!!(講師プロフィール)大学卒業後、役者の道へ。大河ドラマ「紅〜姫たちの戦国〜」を始め数々のドラマ・舞台に出演。
全国の小学校をまわるミュージカル劇団に出演中、旅先で偶然カリンバの存在を知る。オルゴールのように優しくもどこか憂いを帯びた音色に心を奪われ現在は「ふるさと・郷愁」をテーマにカリンバの弾き語りライブや手づくりカリンバワークショップを国内外で行なっている。(FACEBOOK イベントページ)

7/21 Itabashi Design Camp「板橋のデザインについて考えよう」

Itabashi Design Camp「板橋のデザインについて考えよう」
 板橋区でデザイン関連のお仕事をされている方やデザインに興味のある方が集い、板橋のデザインについてみんなでディスカッションするイベントです。【こんな人に来て欲しい】・板橋区でデザイン関連のお仕事をされている方・デザインに興味のある方 ・どんなイベントか興味のある方 ・デザイナーに会ってみたい・話してみたい方 ■開催概要


開催日2018/7/21(土)時 間  開場:15:15〜開始:15:30〜終了:18:00 参加費(板橋区在住・在勤者) 1.000円(板橋区外参加者)   1.500円※ドリンク付き ※経費を除いた収益は活動費に充てさせて頂きます。 ※高校生以下:無料 定 員 20名主 催 CREATOR〜髙橋リョウスケ場 所 creation space en∞juku東京都板橋区板橋3-4-9「観明寺前」 
アクセス:都営三田線「板橋区役所前駅」徒歩5分      :東武東上線「大山駅」「下板橋駅」徒歩10分     :JR埼京線 「板橋駅」徒歩15分
 当日のスケジュール 15:30〜自己紹介16:00〜トークデスカッション 17:00〜フリートーク18:00〜終了

※時間はあくまで目安です  ■お申し込み
FBページ
or
メール
rio.frontier@gmail.com ※表題「イベント参加希望」として頂き「お名前/連絡先」をお知らせ下さい。  ■【Itabashi Design Campとは】 板橋のデザインについて「良いところ」「悪いところ」様々な意見を持ち寄って意見を交わし、
板橋で活動されているクリエイターの方々がもっと地元と関わっていくためにはどんなことが必要か?
「街づくり」や「地域活性」と言ったキーワドを元に様々な地域のデザインを手がけていくきっかけ作りの場です。

今回はその活動のファーストセッションになります。(お問合せ)下記イベントページよりお問合せ下さい

Locial Cinema『ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』6月のテーマ【47分の1の沖縄】

第11回 Locial Cinemaを6月13日(水)19時から
第12回 Locial Cinemaを6月30日(土)15時から開催します。

【上映映画】『 ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』
沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。

<ストーリー>
沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。

2017年/73分/日本/監督 / リック・グレハン

【日時】
2018年6月13日(水)
・18:30 開場
・19:05 開演 上映
・20:20 感想シェアタイム(22時終了)

2018年6月30日(土)
・14:30 開場
・15:05 開演 上映
・16:20 感想シェアタイム(18時終了)

【会場】 creation space en∞juku
     東京都板橋区3−4−9(建物名:メゾンドフルール板橋)

参加費 1500円(軽食付)

参加される方はフェイスブックの参加ボタンを押すか、47plus1@gmail.comまで連絡をください。

◎映画専用のプロジェクター・スクリーン、椅子、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。

◎当上映会は社会的課題を知るきっかけづくりを目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。勧誘等は固くお断りいたします。

◎上映後の来場は座席を制限させていただく場合がございます。

◎車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。

【Locial Cinema】とは・・・
〔 ローカルでソーシャルシネマ〕〔 ローカルに愛を〕
との想いから名付けました。
ドキュメンタリー映画の定期上映をしています。

○自宅でも職場でもない第3の居場所
○ゆるく繋がる心地よい場所
○地域で暮らす・営む人たちの交流の場
○映画を通じて社会の事柄について発言できる場
そんな場所を目指しています
en∞juku gallery の企画展では、板橋区の中台に住む作家の佐野奈津美さんの作品を展示します。日時:2018 年6月 11 日~6 月 17 日 13:30-16:30 ※6 月 12 日(火)休み入場:無料

場所:creation space en∞juku板橋 3-4-9-1F 板橋区役所から徒歩 5 分
毛糸屋さん隣、観明寺前
 協賛:めぐるでんき(株)、(株)ジロッカ プロフィール ●佐野奈津美
奈津美は小さいころから近所の絵画教室で絵を描いていた。その絵が大きく進化をしたのは、はたよしこ主催のアトリエに通い始めてからである。下書きなしでサインペンを握って、伸び伸びと線を引く。クレパスで太目に縁どりを重ねて、絵の具で着色をする方法で仕上げるようになっていった。今も変わらないスタイルだ。
大きなキャンバスに向かい、小柄な身体で熱心に描く。魚も野菜も果物も元気いっぱいに描かれる。大胆な構図とカラフルな着色が持ち味だ。佐野本人によると以外にも「魚の口」の部分は力を入れたところだと話してくれた。どこかユーモラスな表情の魚たちは生命力がふれ、明るい世界感をつくっている。そんな魅力にひかれてか、展覧会の度に購入を希望する声も多い。
2015年度からは、「絵画工房たゆたう」で創作に励んでおり、『Tokyo Brut』(2016年)、『アール・ブリュット展(板橋区役所ロビー)』(2017年)など意欲的に出展機会を増やしている。今後も期待される板橋を代表する作家の1人である。

Locial Cinema『365日のシンプルライフ』

第9回 Locial Cinemaを5月12日(土)15時から、 第10回 Locial Cinemaを5月30日(水)19時から開催します。
 【上映映画】『365日のシンプルライフ』
ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女と別れたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。 <ストーリー> フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“ 実験”生活。
監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた「とにかくやってみよう!」のアイディアが、映画という形になった。登場する家族や友人は全てホンモノ、ペトリを中心とするリアルな人間関係と日常生活に起こるドラマが、北欧ジャズシーンをリードするティモ・ラッシーのサックスに乗って、軽快に綴られていく。

フィンランド公開時には、多数の“実験”フォロワーが生まれ、若者の間で一大ムーブメントとなった。
この「フィンランドからやってきた『人生で大切なもの』を見つけ出す3 6 5 日のモノがたり」は、 断捨離やミニマリストのブームに乗って、日本でも大きな反響を呼んだ。 2013年/80分/フィンランド/監督 /ペトリ・ルーッカイネン 
【日時】 2018年5月12日(土)
・14:30 開場
・15:05 開演 上映
・16:40 感想シェアタイム(18時終了)

2018年5月30日(水)
・18:30 開場
・19:05 開演 上映
・20:40 感想シェアタイム(22時終了)

【会場】creation space en∞juku東京都板橋区3−4−9

参加費 1500円(軽食付)
 参加される方はフェイスブックの参加ボタンを押すか、47plus1@gmail.comまで連絡をください。